第68回読書会のお知らせ

2016年10月29日

第68回読書交流会の詳細のお知らせです。

◆課題本はこちら◆

僕は日本でたったひとりのチベット医になった ヒマラヤの薬草が教えてくれたこと

僕は日本でたったひとりのチベット医になった ヒマラヤの薬草が教えてくれたこと

著者:小川 康
単行本: 222ページ
出版社: 径書房 (2011/10/20)
言語: 日本語
------------------------------------------------------------

◆第68回読書会詳細◆

○読書会日時:2016年11月18日(金曜日)19時より開催
○場所   :美華(長野県上田市中央2-15-8)
○参加要件 :事前に課題本を一通り読んできてくださいね。
○会費   :飲食代を人数で按分(概ね3,000円〜4,000円程度になります)
○受付期限 :2016年11月14日(月曜日)
○備考   :今回は会場の都合上、参加人数に制限があります。
       お申込み多数の場合には参加をお断りする場合も
       ございますので、ご理解ください。

※ブログにあるメールアドレスからでもいいですし、
フェイスブックのメッセージでもいいので、なんちゃって読書人
宛てに参加希望のメールを送ってください。

------------------------------------------------------------

◆課題本に関して◆

この読書会では、メンバーの方(私も含め)に交代で、課題本を
選んできてもらうという形をとっています。

その際、特にどのジャンルの物を、という決まりはありません。

ですので、様々なジャンルの本が課題本となります。
良く言えば多様、悪く言えば適当(^^)

でも、その多様な選書ゆえに、普段の自分なら、絶対に読んでみる
ことはなかったであろう物も、半ば強制的に読むことになります(笑)

その中から新しい気づきや、発見が生まれること、あるかもしれません。

------------------------------------------------------------

皆さんこんにちは。
気が付けば今年も残すところあと2ヶ月あまりとなってきました。
本当に年々月日の流れるスピードが早くなっているように感じます。

充実した日々を過ごしていて時間が経つのも忘れている、ってことなら
いいんですけど、んー、どうでしょう(^^;)

まあ、本を読んでいるとき時間を忘れることはありますけどね。

さて、今回の読書会は著者を招いての読書会となります。

課題本の著者である小川康氏は、インド・ダラムサラの
チベット医学歴法学大学にチベット圏以外の外国人としては初めて
入学を許され、日本の教育システム(というか、日本人の常識)からは
想像もつかないほど厳しいカリキュラムをクリアされて認定された
チベット医です。薬剤師の資格を持ち、渡印前は薬草会社に務めていた
経験がある、日本の薬草のスペシャリストでもあります。

お住まいが私と同じ長野県上田市ということで
今回縁あって本読書会に参加していただけることとなりました。

恥ずかしながら、そんな凄い方が近くにいらっしゃったとは
知りませんでした・・・(^^;)

さっそく課題本を読んでみようと思います。

どんなお話が聞けるのか、今からとても楽しみです!

著者に直接質問できる、というのは本当に貴重な機会だと思います。
当日会場の関係で参加人数に制限があるので、参加されたい方は
お早めに連絡ください。

よろしくお願いします<(_ _)>


by なんちゃって読書人
posted by なんちゃって読書人 at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする