恋文

2017年08月30日



『恋文』
http://amzn.to/2iGmc4M

著者:連城 三紀彦
文庫: 240ページ
出版社: 新潮社 (1987/08)
言語: 日本語
ISBN-10: 4101405042
ISBN-13: 978-4101405049
発売日: 1987/08

---------------------------------------------------------------------

■内容(「BOOK」データベースより)

マニキュアで窓ガラスに描いた花吹雪を残し、夜明けに下駄音を響かせ
アイツは部屋を出ていった。結婚10年目にして夫に家出された歳上で
しっかり者の妻の戸惑い。

しかしそれを機会に、彼女には初めて心を許せる女友達が出来たが…。

表題作をはじめ、都会に暮す男女の人生の機微を様々な風景のなかに描く
『紅き唇』『十三年目の子守歌』『ピエロ』『私の叔父さん』の5編。

直木賞受賞。
---------------------------------------------------------------------

■つぶやき

本書は、直木賞を受賞した作品です。
ジャンルで言えば純文学にあたるのだと思います。

大人の恋を描いた5つの物語からなる短編集。
第77回読書会の課題本にさせていただきました。

読書会に参加者した皆さんの感想の一部を抜粋します。

・「私の叔父さん」のシチュエーションに非現実感を感じてしまった。

・自分自身の過去のシーンと重なって、切なくなってしまった。

・年上の女性との経験談。

・誰かを好きになることは、誰かを傷つけることでもある。

・心理描写が男性作者ということもあり、女性読者には理解できない
心理状態もあるのではないか。

・未だに、昔の恋人との思い出の品を捨てることができない。

・所々に印象的なフレーズがあり、引き込まれた。

・いい人そうに見える人が信じられなくなりそう(笑)

などなど。

やはり著者が男性ということもあり、女性の方達には理解しづらい
箇所もあるように思います。

あくまでも傾向ですよ(^^)

人それぞれ、過去に何かしらの恋愛経験や、思い焦がれた人が
いたとは思います。

実った恋、実らなかった恋、楽しかった思い出、辛かった記憶・・・
もしくは、現在恋愛真っ最中という方もいるでしょう。

世の中に人の数だけ違った恋愛観があるでしょうし、何が正解で
何が不正解なのかなんて誰にも分かりません。
まあ、行き過ぎて犯罪となってしまう一方的な愛や、道徳的に
許されない恋愛は別として・・(^^;)

私、個人的には今までの恋愛経験が作中の設定とも重なることもあり
感情移入しやすく、切ない気持ちにさせていただきました(笑)

言葉でハッキリとは書かれてはいなくとも、その行間というか
文字には表れてこない登場人物たちの葛藤や苦悩などを感じとれます。

ただ、ドロドロとした醜悪な人間関係ではなく、最後には何となく
優しい気持ちになれ、救われました。

シチュエーションにシチュエーションとしてはかなり強引?
と思われるものもありましたが成熟した大人の深い愛という
ものを感じさせてもらいました。

連城氏の作品を読むのは、本書が初めてだったのですが
他の作品もこれから読んでみようと思います。


by なんちゃって読書人
posted by なんちゃって読書人 at 15:35 | Comment(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初対面でも話しがはずむ おもしろい伝え方の公式

2017年02月07日




『初対面でも話しがはずむ おもしろい伝え方の公式』

著者:石田 章洋
単行本: 240ページ
出版社: 日本能率協会マネジメントセンター (2016/12/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4820719564
ISBN-13: 978-4820719564
発売日: 2016/12/28
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm

---------------------------------------------------------------------

■内容(Amazonより)

伊集院光氏推薦!

「石田氏との初対面から30年。
あの頃の僕らに読ませたい」

笑いは、コミュニケーション上の最強の武器。

おもしろい人は、モテるし、仕事がデキる。ふだんのコミュニケーションに、
ちょっと「笑い」を取り入れるだけで、相手のリアクションは驚くほど
変わってきます。

「おもしろさ」や「笑い」というと、生まれ持ったセンスがなければムリだと
思っている人も多いですが、それは誤解です。

かんたんな公式を身につけるだけで、誰でも「おもしろい人」になれるのです。
おもしろさにセンスは不要です。

著者の石田氏は、元落語家でありながら笑いのセンスがなく、二つ目昇進後に廃業。

その後、どんなに口ベタな人でもうまくいく「笑いの公式」を見出したことをきっかけに、
売れっ子放送作家となりこれまでに5万%を超える視聴率を獲得してきました。

「どうしたらおもしろい話ができるのか」

そう30年以上考え続け、実践してきた著者が、そのシンプルなルールをまとめます。

雑談、プレゼン、スピーチ、会話、自己紹介、SNS……あらゆる場面で応用できる
、伝え方のコツをまとめた1冊です。


---------------------------------------------------------------------

■つぶやき

本書は献本ということで、R+(レビュープラス)さんよりいただきました。
ありがとうございます!

近年、メールやSNS等の普及で、面と向かって人と話をする機会が
減ってると感じます。

しかしだからといって、面と向かった人と人とのコミュニケーションが
無くなっていくわけではありません。むしろその重要度は年々上がって
きているとすら思われます。まあ、これはあくまでも私の主観ですが。

コミュニケーションの重要度は上がっていく、それに伴って現代を
生きる人のコミュニケーション能力も上がっているかといえば
疑問符が付いてしまうのは私だけではないのではないでしょうか。

むしろコミュニケーションをうまくとれない人のほうが多くなって
きているのではないか・・。

お客様の前で何を話していいのかわからず、空回りしてばかり・・
なんてことはよく聞きますし、
1人で弁当食べているところを見られたくなくて、トイレで
昼食を食べる学生・・・なんてびっくりする話も聞いたことが
あります。

そんな中で本書では著者の体験を踏まえながら、どうやったら
人とよりよい関係性を作り出せるのかを提案してくれています。

重要となってくるのが「空気を読む」「笑いの原理」「伝える技術」
の3つの要素。

この3つの要素を、章を分けて事例を交え、分かりやすく教えてくれ
今後のふるまいや会話にすぐにでも実践できるように思います。

同じ内容の話であっても3つの要素をうまく活用できれば、
各段に魅力的で人を惹き付けられる話になります。

そして、全てを通じてのキーワードとなってくるのがユーモア。
仕事のできる人、魅力的だと感じられる人は大抵会話の中に
うまくユーモアを散りばめているのだそうです。

いきなりユーモアで笑いをとりながら話をしろというのは
さすがに難しいことだとは思いますが、先の3つの要素を
意識して訓練していくことで、爆笑をかっさらうとまでは
いかなくても、十分魅力的なコミュニケーションをとれる
ようになるはずです。

個牲、持って生まれたキャラといった先天的なものは確かに
あるとは思いますが、そんなセンスもカリスマ性も自分には無いから・・
とあきらめるのは勿体ない。

知識と努力で身につけられることもきっと多いと私は信じます。

周りの知人には信じてもらえないのですが、私自身かなりの
人見知りで未だに面と向かってのコミュニケーションは苦手
です。

それでも人と会う機会を作り、どうにかやってきています。
そんな手探りな道を進むより、本書を読んで実践すれば
よっぽど近道を進めます。

習うより慣れろ的な部分はあるのかもしれませんが、経験則から
導かれた道しるべがあるのならそれを試してみるのは無駄には
ならないはず。

変な奴だと思われたらどうしよう・・、怖い気持ちはあるでしょう。
でも案外人は他人をそんなに見てません笑

怖がらずにまずやってみましょう。

そんな気にさせてくれる一冊ですよ。

by なんちゃって読書人
posted by なんちゃって読書人 at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血流がすべて解決する

2016年09月11日

血流がすべて解決する

『血流がすべて解決する』

著者:堀江 昭佳
単行本(ソフトカバー): 267ページ
出版社: サンマーク出版 (2016/3/11)
言語: 日本語
ISBN-10: 4763135368
ISBN-13: 978-4763135360
発売日: 2016/3/11
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2 cm


---------------------------------------------------------------------

■内容(「BOOK」データベースより)

「血液サラサラ」ではなく、「血流たっぷり」をめざしなさい。

出雲大社の表参道で90年続く漢方薬局の予約のとれない薬剤師が教える、
血流を改善して病気を遠ざける画期的な健康法!

---------------------------------------------------------------------

■つぶやき

本書は献本ということで、R+(レビュープラス)さんよりいただきました。
ありがとうございます!

血流、文字通り血の流れのことですが、血流をよくすることで
様々な症状が改善される。題名にあるようにすべてを解決する
まではいかなくても、身体の根本的部分が改善されることにより
幅広い範囲にいい影響が出ることは納得がいくところです。

私は2年前脳梗塞を発症、一時左半身完全麻痺という状況に
なりました。病院に運ばれたのが早かったのと、薬が劇的に
効いたこと、年齢的に若く、きついリハビリに耐えることが
できたこともあり、現在日常生活には支障のない範囲まで
改善しました

それまで今まで私は血流ということにはあまり関心が
ありませんでしたが、病気になったこともあり、血流という
キーワードにはとても興味があります。

本書では「血液をサラサラ」ではなく「血流たっぷり」を
めざしなさいと言います。

多くの場合血流が悪いのは血液がドロドロなわけではなく、
血が不足しているからなのだそうです。

血が少なければ、血が流れないのは道理です。

著者は漢方薬剤師ですが漢方の知識を用いて、血を増やし
血の質を良くすることで体の悩みだけでなく、心の不調までも
改善させています。

過去に5万人もの方の相談を受け、治療してきた経験を元に
導き出された智慧を出し惜しみなく紹介してくれています。

特に難しいこともなく、今日、いますぐ始める事のできる
ことばかり。

私自身さっそく始めてみようと思います。


by なんちゃって読書人
posted by なんちゃって読書人 at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。