ターゲット ゴディバはなぜ売上2倍を5年間で達成したのか?

2016年03月05日

ターゲット ゴディバはなぜ売上2倍を5年間で達成したのか?

『ターゲット ゴディバはなぜ売上2倍を5年間で達成したのか?』

著者:ジェローム・シュシャン
単行本(ソフトカバー): 180ページ
出版社: 高橋書店 (2016/2/3)
言語: 日本語
ISBN-10: 4471401033
ISBN-13: 978-4471401030
発売日: 2016/2/3
商品パッケージの寸法: 18.4 x 12.8 x 1.8 cm

---------------------------------------------------------------------

■内容(より)

フランス人社長が日本で成功した「正射必中」のビジネス論

---弓道精神から学んだ古くて新しい成功の法則! ---

「仕事がうまくいかない」 そんな悩みを抱えたビジネスマン達におくる自分が
「幸せ」になれる仕事の仕方、考え方のヒント満載!

【「売り上げ」は仕事本来の目標ではない! ストレスから解放され、仕事が楽しく
なる「正射必中」のアプローチ。】

日本発信の高級ソフトクリーム、マルチチャネルでの販売、シーズンごとに
新しくなるバレンタインパッケージ……。

フランス人社長が日本のマーケットで次々と送り出したヒットの背景には、
「弓道」をはじめとする日本人の伝統的な考え方、道徳観にあった。

日本と出会い、弓道と出会い、キャリアを重ねるうちに、実績が注目を集め、
2010 年にゴディバ ジャパン社長に就任したジェローム・シュシャン氏。

フランス人ながら弓道歴25 年、国際弓道連盟理事も務める彼が、日本のビジ
ネスの心≠ニ、そこから導き出される「正射必中」のビジネス成功の掟を、
実際のビジネス例とともに、弓道の言葉になぞらえて綴る、初めての著書。

【ビジネス成功の秘訣を、弓道の考え方から解説! 】

著者が弓道の教えから得たビジネスを成功に導く考え方≠20本のビジネス
格言で表し、自身の体験や考え方、実践してきたビジネス戦略などを交えて
詳しく解説。

基本的なビジネスの姿勢から、老舗ビジネスとイノベーション、セカンド
ライフについてなど、多くのビジネスパーソンに役立つ内容です。

各節の見出しに英訳付き。

【外国人だからこそ分かる、日本人の強みと弱点】

弓道を25年続けるフランス人の著者だから分かる、日本人の素晴らしさと、
それをビジネスに生かす方法を、「第1章 ヒットを生む法則」「第2章 日本とビジネス」
「第3章 人生を楽しくする仕事の仕方」の3章に分けて解説。

---------------------------------------------------------------------

■つぶやき

本書は献本ということで、R+(レビュープラス)さんよりいただきました。
ありがとうございます!

私は純粋な日本人です。
本書を手に取る方の大半もそうなのでしょう。

弓道の教えが、ビジネスとい領域において大いなる示唆を与えてくれる
というのが、本書の基本通念になります。

正射必中、一射人生等々

こういった精神、倫理観は我ら日本人にとってはなじみ深いというか
幼い日々に、親や親族、教師や周囲の人達から埋め込まれ、日本人が
少なからず持っているベースとも言える価値観なのだと思っています。

もちろんこれは主観であり、反論のある方もいらっしゃるとは思います
が、本書を読んでも日本人であればそんなに違和感を感じないのでは
ないかと思います。

ただ、あまりにも当たり前という感覚が強く、それを積極的にビジネスに
活用していこうとしてる人も少ないのかもしれません。

そんなこと言わなくてもみんな分かるだろう。
だからあえて言葉にする必要なない。

そんなふうに思う方もいるのかもしれません。

しかし、現代はいよいよグローバル化が進み、文化や背景の違う他人と
物事を進めていく時代。
国が違うなんてのもちろん、世代によっても全くといっていいほど
価値観が違うのが当たり前の世の中です。

そんな環境の中で、以心伝心、言わなくても分かるは通じなくなってる
と言っても言い過ぎではないでしょう。

そんな中でフランス人である著者が日本の伝統武道の教えをビジネスの
理念として掲げ、5年間で売上を二倍にしたと知り、少なからず衝撃を
受けました。

知っているのと実行するのでは大きく違うのだと、自己の文化に誇りを
持ち、それを最大限に活用することで大きな成功を手にできることを
教えてもらいました。

考え方を変えれば、外から(今回はフランス人から)の目線、異文化の
中で生きてきた著者だからこそ見ることの出来た訓示だったのかもしれ
ません。

私は本書を読んで、合理性を追求する言わば欧米的なロジックも確かに
必要ですが、日本古来の道徳観に裏打ちされた考え方にも成功へのきっかけ
が潜んでいることに気付くことができました。

弓道を究めれば、ビジネスもうまくいく、というほど短絡的ではないことは
十分承知ですが、身体に染みついた日本人としての考え方も大いなる
可能性を秘めていることを再確認できた、大きな収穫だったと思います。

まずは心を静め、自分自身が射るべき的は何なのかをじっくり考えて
みます。


by なんちゃって読書人

posted by なんちゃって読書人 at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第61回読書交流会のお知らせ

2016年02月29日

第61回読書交流会の詳細のお知らせです。

◆課題本はこちら◆

アンダーグラウンド (講談社文庫)

『アンダーグラウンド 』

著者:村上 春樹
文庫: 780ページ
出版社: 講談社 (1999/2/3)

------------------------------------------------------------

◆第61回読書会詳細◆

○読書会日時:2016年 3月18日(金曜日)19時より開催
○場所   :会場決定次第参加者の方に連絡します。
○参加要件 :事前に課題本を一通り読んできてくださいね。
○会費   :飲食代を人数で按分(概ね3,000円〜4,000円程度になります)
○受付期限 :2016年 3月14日(月曜日)

※ブログにあるメールアドレスからでもいいですし、
フェイスブックのメッセージでもいいので、なんちゃって読書人
宛てに参加希望のメールを送ってください。

------------------------------------------------------------

◆課題本に関して◆

この読書会では、メンバーの方(私も含め)に交代で、課題本を
選んできてもらうという形をとっています。

その際、特にどのジャンルの物を、という決まりはありません。

ですので、様々なジャンルの本が課題本となります。
良く言えば多様、悪く言えば適当(^^)

でも、その多様な選書ゆえに、普段の自分なら、絶対に読んでみる
ことはなかったであろう物も、半ば強制的に読むことになります(笑)

その中から新しい気づきや、発見が生まれること、あるかもしれません。

------------------------------------------------------------

3月です。まだまだ寒い日は続くものの、だんだんと春の訪れを感じる
られる季節になってきました。

私ごとながら、我が家の長男も小学校を卒業します。
4月からはダボダボの学生服に着られた中学生になります。

新しい環境に変わることに不安や心配もあると思いますけど、それ以上に
夢や希望に満ち溢れた、ワクワクとした気持ちで突き進んでほしいものです。

さて、今月、第61回読書会の課題本はあの「地下鉄サリン事件」のレポートです。

関係者へのインタビューを中心とした構成のようです。

20年前の凄惨な事件を、私も覚えています。

ただ、やはりテレビのニュースで見ていただけなので、メディアのフィルター
のかかった情報になっていたり、自分の勝手な思い込みであったりと、僕の
記憶の中の情報も相当に偏っていると思われます。

これは遠い昔の記憶だということだけでなく、今現在タイムリーな出来事に
関しても、とかく情報は発信者に都合のいいバイアスがかかったものとなりがちです。

情報ソースを遡ったり、信頼できる情報元を得たりと
今や洪水のごとく溢れた情報の中から、いかに有益なものを
拾い出せるかという情報リテラシーの重要性は今後も増して
くると思います。

まあ、何はともあれ、まずはいろいろな情報に触れてみることですかね。

文量多めなので、みなさん頑張って読了してください!(^^)


by なんちゃって読書人

posted by なんちゃって読書人 at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第60回読書交流会のお知らせ

2016年01月22日

第60回読書交流会の詳細のお知らせです。

◆課題本はこちら◆

数学する身体表紙写真.jpg

『数学する身体』

著者:森田 真生
単行本: 208ページ
出版社: 新潮社 (2015/10/19)

------------------------------------------------------------

◆第60回読書会詳細◆

○読書会日時:2016年 2月19日(金曜日)19時より開催
○場所   :会場決定次第参加者の方に連絡します。
○参加要件 :事前に課題本を一通り読んできてくださいね。
○会費   :飲食代を人数で按分(概ね3,000円〜4,000円程度になります)
○受付期限 :2016年 2月15日(月曜日)

※ブログにあるメールアドレスからでもいいですし、
フェイスブックのメッセージでもいいので、なんちゃって読書人
宛てに参加希望のメールを送ってください。

------------------------------------------------------------

この読書会では、メンバーの方(私も含め)に交代で、課題本を
選んできてもらうという形をとっています。

その際、特にどのジャンルの物を、という決まりはありません。

ですので、様々なジャンルの本が課題本となります。
良く言えば多様、悪く言えば適当(^^)

でも、その多様な選書ゆえに、普段の自分なら、絶対に読んでみる
ことはなかったであろう物も、半ば強制的に読むことになります(笑)

その中から新しい気づきや、発見が生まれること、あるかもしれません。

------------------------------------------------------------

今までの雪不足を補って余りあるくらいに大雪が降りました。
ウィンタースポーツをする方にとっては待ってましたなんでしょうね。

どこもかしこもツルツルで、私はできれば家の中にいたい季節(^_^;)

そう、こんな時は読書にかぎりますよね(笑)

さてキリのいい60回目の読書会課題本は数学がテーマです。

数学と聞くと拒否反応を示す方も少なくないのとは思いますが
僕は理系出身なので、題名を聞いただけで、とても興味をそそられます。

感覚としてですが、数学的論理思考ができる人とそうでない人では
やはり大きく結果が異なってくるのではないかと思ってます。
ここ日本では基礎教育が行き渡っているので、大概の方は自然と身についている
とも思います。

ただ、普段の生活の中で数学について考えることも稀でしょう。

心静かに数の世界を覗いてみようと思います。

ぜひ皆さんの意見を聞いてみたいです。


by なんちゃって読書人
posted by なんちゃって読書人 at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風が強く吹いている

2016年01月21日

風が強く吹いている (新潮文庫)

『風が強く吹いている』

著者:三浦 しをん
文庫: 670ページ
出版社: 新潮社 (2009/6/27)
ISBN-10: 4101167583
ISBN-13: 978-4101167589
発売日: 2009/6/27
商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2.2 cm

---------------------------------------------------------------------

■内容(「BOOK」データベースより)

箱根駅伝を走りたい―そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。

「駅伝」って何?走るってどういうことなんだ?

十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ること(=生きること)に夢中で突き進む。

自分の限界に挑戦し、ゴールを目指して襷を繋ぐことで、仲間と繋がっていく…
風を感じて、走れ!「速く」ではなく「強く」―純度100パーセントの疾走青春小説。

---------------------------------------------------------------------

■つぶやき

箱根駅伝をテーマとしたスポーツ青春小説。
と書くとなんだかとても軽いイメージになって
しまうような気がしますが、走ることを通して
仲間の存在や、生きている意味などを深く自問
させてくれる作品だと思います。

私も学生の頃は長距離が得意なほうでしたので
陸上部にかりだされ、大会などにも出場していました。

ですので、おぼろげながらではありますが
何となく本書に書かれている身体的な描写や
タイムやペースといったことも感覚として理解しやすかった
です。

あ、勿論長距離経験がなくても面白く読める作品だと
思います。

箱根駅伝と言えば、知らない人はいないくらいの大会ですし
お正月の定番なので、一度くらいはテレビ等で見たことがある方
が多いのではないでしょうか。

花の二区、山の神なんて言葉も定着している感があります。

私もお正月には箱根駅伝を見ます。自分の母校が低迷してるのが
歯がゆくてならないのですが(笑)

ただ、テレビで映っている表面的な部分にしか目がいかなかった
のが、今回本書を読んで、裏方では実に様々な事が目まぐるしく
起こっているのだと思い知らされました。

選手の葛藤や、それを支えるスタッフ、応援してくれる方達・・等々
いろんな人の関わりで成り立っているのだと。

本書は第59回の読書会の課題本にもさせていただきましたが
年初にふさわしく、参加メンバー各々、何かしらの勇気をもらえたのかな
と感じました。

感想として多かったのは、コーチ役であるハイジのマネージメントに
多くの学びを得たというもの。

今までランニングはおろか、体を動かすことさえ興味の無かった面々を
やる気にさせ、個人個人に合わせたトレーニングスケジュールを立て
目標達成にむけてチームを導いていく清瀬灰二。

経営的な視点でも、日常的なコミュニケーションでも参考になること
が多いと思います。

ま、小難しいことを考えなくても、エンターテイメント作品として
充分すぎるほど楽しめる作品です!(^^)

by なんちゃって読書人
posted by なんちゃって読書人 at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年スタート!第59回読書交流会のお知らせです。

2016年01月06日

第59回読書交流会の詳細のお知らせです。

◆課題本はこちら◆

風が強く吹いている (新潮文庫)

風が強く吹いている

著者:三浦しをん
文庫: 670ページ
出版社: 新潮社 (2009/6/27)

------------------------------------------------------------

◆第59回読書会詳細◆

○読書会日時:2016年 1月15日(金曜日)19時より開催
○場所   :かぶらや (上田市中央4-18-22)
○参加要件 :事前に課題本を一通り読んできてくださいね。
○会費   :飲食代を人数で按分(概ね3,000円〜4,000円程度になります)
○受付期限 :2016年 1月12日(火曜日)

※ブログにあるメールアドレスからでもいいですし、
フェイスブックのメッセージでもいいので、なんちゃって読書人
宛てに参加希望のメールを送ってください。

------------------------------------------------------------

この読書会では、メンバーの方(私も含め)に交代で、課題本を
選んできてもらうという形をとっています。

その際、特にどのジャンルの物を、という決まりはありません。

ですので、様々なジャンルの本が課題本となります。
良く言えば多様、悪く言えば適当(^^)

でも、その多様な選書ゆえに、普段の自分なら、絶対に読んでみる
ことはなかったであろう物も、半ば強制的に読むことになります(笑)

その中から新しい気づきや、発見が生まれること、あるかもしれません。

------------------------------------------------------------

皆さん、あけましておめでとうございます。
新しい年が始まりました(^^)

今回の課題本は新年にふさわしく、箱根駅伝を主題とした青春小説。
構想・執筆に6年をかけたという大作です。

この読書会も今年でちょうど6年目を迎えます。その新しい年を力強く
走り抜けるために、この本からパワーをもらおうと思ってます。

新たな年の始まり、新しい一歩を踏み出してみませんか?
メンバー一同皆さんとの出会いを楽しみにしています。

この会はお酒を飲みながらの気楽な会ですので、あまり気構えず
連絡ください。

一冊の本から広がるコミュニケーションの連鎖という不思議な感覚を
味わってみてください。


by なんちゃって読書人

posted by なんちゃって読書人 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。