花火と火花

2015年09月08日

読書会の中で数年前に立ちあがった企画
「1,000文字小説」
普段読むことにフォーカスした集まりではありますが
書き手となることで新たな発見に繋がるかもしれない
ということで始まりました。
この度のお題は、芥川賞作品にちなんで
「○○と火花」

我ら読書会メンバーの中でも最も鋭い文章感性を持つ
と言っても過言でない遠音さんの作品です。

--------------------------------------------
『花火と火花』 著:読書会メンバー 遠音(俳号)氏

「ねぇねぇ、聞いてよ!ひどいのよっ」
ランニング雑誌を眺めながら30kmの壁をいかに
トラブル無く越えるか思案していた私の思考を、
妻が前触れもなく突き破ってきた。

まるで障子紙を無遠慮にぶち抜く猫の手のようである。
ここまで沸騰していると、相手をせねばなるまい。

ため息をつきながら雑誌を閉じ、私は「何だい?」と妻の顔を見上げた。

「これよっ」

手に持ったスマホを鼻息荒く振りながら、ぐい、と迫ってくる。

その画面を眺めると、なにやら、和歌の添削らしきもの
が載っている。そのやりとりの中に妻の名前があった。

「へぇ、そういえば和歌を作るとか言ってたねぇ」

「和歌じゃないっ!俳句よ俳句っ」

「ああ、ごめん。文学は、わかんないんだ」

「『よいぞらに、ひばなちらして、はなびさく』。
これのどこが悪いのよっ」

妻が気炎を上げるのを眺めながら、「いい俳句だねぇ」
と私はひとまず褒めた。

「あらっ、わかるの? そうよ、私の最近の中では傑作なのよっ」

途端に目をきらきらさせながら語り出す妻に思わず笑み
をもらしそうになるのをこらえながら、「見せて」と
スマホを受け取った。

「宵空に火花散らして花火咲く」

・無駄があり過ぎる、てんこ盛りのお手本のような句ですね。
・まず「花火」は晩に、空に上がるものです。「宵空」はいらないでしょう。
・また、花火は「咲く」ものです。これもいりません。
・そして「火花散らして」も当たり前です。全ての花火は、火花を
散らします。単なる事実の報告になってしまっており、新しい発見
がありません。
・よって、無駄を省いていくと残るのは「花火」だけですね。
その花火のどこにどのように感動したのか具体的に思い起こして、
それを素直に表現してみて下さい。

妻の手前、吹き出すまいと腹づもりをして読み始めたのだが、
最後の一文でもうこらえ切れなくなった。

それでも懸命にこらえ、震えている私の背中に妻の張り手が
飛んできた。

その体重にたがわない、重量級の一撃である。

一瞬息が止まり、それからむせ出した私に、妻が涙声で
「ひどいじゃないっ!」となじってくる。

たしかに、懸命に作った俳句がただの「花火」にされて
しまったのではやりきれないだろう。

「これは、ひどいな」

あえて主語はぼかし、咳の合間からつぶやいた私の言葉に、
妻はガクンガクンと盛大に首を振りながら
「そうでしょそうでしょっ!」
と涙声で同意を求めてくる。

「うん。頑張れ」

万感を込めて、私は励ました。

(1000文字)



posted by なんちゃって読書人 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 1,000文字の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メンターが見つかれば人生は9割決まる!

2015年08月31日

メンターが見つかれば人生は9割決まる!.jpg

『メンターが見つかれば人生は9割決まる!』

著者:井口 晃
単行本(ソフトカバー): 208ページ
出版社: かんき出版 (2015/7/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4761271035
ISBN-13: 978-4761271039
発売日: 2015/7/10
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.5 cm

---------------------------------------------------------------------

■内容(「BOOK」データベースより)

子供がゲームをクリアするように成功する方法。

7019人を指導したエキスパート育成の専門家が教える、一流の「思考」と
「行動」を身につける技術。

---------------------------------------------------------------------

■つぶやき

本書は献本ということで、R+(レビュープラス)さんよりいただきました。
ありがとうございます!

自分が心底尊敬し、陶酔できる、メンターを見つけ
その生き方、考え方に学ぶ、ということに

「そんなのは所詮モノマネだ!自分の考えを持て!」

と批判する方もいるとは思います。

ですが、僕自身も著者の主張には賛成です。

成功の確率が100%だとは言いきれないものの、0から物ごと
を始め、思考錯誤を重ねていくよりは、メンターを見つけ、
モデリングすることで、ずっと早く効率的に結果を出せると
思っています。

勘違いしないでいただきたいのですが、思考錯誤そのものが悪いと
言っているわけではありません。

先人の成功をモデリングしていくことで成功への確立とスピード
が上がるのだと言いたいんです。


世の中に完全に自分のオリジナルだ!と断言できるものがどれほど
あるのでしょうか?

何かしらの自分の経験や以前に見たもの、聞いたものが自分の中で
醸成され、新たな付加価値を付けられてリニューアルされているもの
が実は圧倒的に多いように私には思えます。

自分の中では世界に唯一無二のオリジナルなアイデアだと思っていても
それが昔に経験したことが無意識下で頭の中に蓄積され、表出したもの
であるかもしれません。

それでも最初からマネをしようという態度とは違う、と言われる
かもしれません。

デザインの世界ではそうなのかもしれませんし、それはそれで
尊い考え方だと思います。しかし、こと経営手法となれば話は
違ってきます。

最短の投資で最高の結果を出すことが、求められている世界です。

私がここで投資と言っているのはお金だけではなく、時間も
含まれます。

人生は何もしないには長すぎるが、何かしようとすれば短すぎる、
とどこかで読んだことがあります。

まさにその通りだと思います。

与えられた時間の中で、結果を出し、他から抜け出し成功を掴む。
その道筋があるなら、それを辿るのも立派な手段。

そう考えた時に、本書での主張もまた一つの考え方として十分に
参考になることは多いと思います。

私も以前、尊敬する経営者がおり、陶酔というか信者のように
なっていた時期がありました。

その経営者の著書は全部読みましたし、講演会にも可能な限り
参加しましたし、その方がやったほうがいいと言うことは全部
やってみました。

今現在では私自身、色々な経験をし、多少考え方も変わってきて、
以前よりは熱量が落ちたものの、その経験がなかったら今の自分
はなかったとはっきり断言できます。

本もここまで読まなかったでしょうし、事なかれ主義のその日ぐらし
な人生を歩んでいたかもしれません。

私はそのメンターの方を知ることができて、本当によかったと
感じています。

もし、その当時、この本を読んでいれば、もっともっとその人に
近づけたのではないかと思います。

本書の内容を実践してみることは、得はすれども決して損には
ならないと思いまよ。



by なんちゃって読書人
posted by なんちゃって読書人 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第55回読書交流会のお知らせ

2015年08月29日

第55回読書交流会の詳細のお知らせです。

◆課題本はこちら◆

上と外

『上と外』

著者:恩田 陸
出版社: 幻冬舎 (2007/10)
ISBN-10: 434441019X
ISBN-13: 978-4344410190
発売日: 2007/10

------------------------------------------------------------

◆第55回読書会詳細◆

○読書会日時:2015年 9月18日(金曜日)19時より開催
○場所   :後日参加者にお伝えします。
○参加要件 :事前に課題本を一通り読んできてくださいね。
○会費   :飲食代を人数で按分(概ね3,000円〜4,000円程度になります)
○受付期限 :2015年 9月14日(月曜日)

※ブログにあるメールアドレスからでもいいですし、
フェイスブックのメッセージでもいいので、なんちゃって読書人
宛てに参加希望のメールを送ってください。

------------------------------------------------------------

この読書会では、メンバーの方(私も含め)に交代で、課題本を
選んできてもらうという形をとっています。

その際、特にどのジャンルの物を、という決まりはありません。

ですので、様々なジャンルの本が課題本となります。
良く言えば多様、悪く言えば適当(^^)

でも、その多様な選書ゆえに、普段の自分なら、絶対に読んでみる
ことはなかったであろう物も、半ば強制的に読むことになります(笑)

その中から新しい気づきや、発見が生まれること、あるかもしれません。

------------------------------------------------------------

お盆を過ぎて、一気に気温がさがって
すっかり秋ムードになったきたここ長野県上田市。

日中はさすがに残暑を感じこともありますが、
朝夕は少し寒いくらいの日もあります。

この過ごしやすい季節が長く続けばいいなー、と思うのですが
大抵いい季節って短いんですよね・・・(^_^;)

さて、今月の課題本は冒険物のようです。

私も子供の頃は冒険物、ファンタジーも好きでよく読んでいました。

自分が物語の主人公になったつもりで、ドキドキしていたのを
覚えています。

これを今読んだらどう感じるのか、昔のようにドキドキするのか
冷めた目で見てしまうのか(笑)はたまた、全く違った気づきを得るのか。

いつまでも子供のような好奇心は持ち続けたいとは思っているのですが
素直に心をフラットにして読んでみようと思います。

メンバーの皆さんはどのように思うのかも今から楽しみです(^^)


この会はお酒を飲みながらの気楽な会ですので、あまり気構えず
連絡ください。どんな雰囲気か見学したいという方も大歓迎ですよ!

一冊の本から広がるコミュニケーションの連鎖という不思議な感覚を
味わってみてください。


by なんちゃって読書人

posted by なんちゃって読書人 at 05:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火花

2015年08月23日

火花

『火花』

著者:又吉 直樹
単行本: 152ページ
出版社: 文藝春秋 (2015/3/11)
言語: 日本語
ISBN-10: 4163902309
ISBN-13: 978-4163902302
発売日: 2015/3/11
商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2 cm

---------------------------------------------------------------------

■内容(「BOOK」データベースより)

お笑い芸人二人。

奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。

笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。

神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。

彼らの人生はどう変転していくのか。

人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!

「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

---------------------------------------------------------------------

■つぶやき

本書は第54回読書交流会の課題本にさせていただきました。

お笑い芸人初受賞ということで、話題の本書。
amazonの書評などでは芥川賞にふさわしい作品なのか?販促ありきになっては
いないか?等々、賛否が分かれるところではあります。

読書会で出たメンバーの感想としては以下のようなものがありました。

・お笑い芸人が著者ということで、あまり期待はしていなかったが、思った以上に
文章力もしっかりしていて、ライトノベルやエンターテイメント物とは一線を画し、
純文学の体をなしている。

・風景描写や心理描写とは違った、著者独特の五感に感じる描写が新鮮だった。

・最初は軽快なお笑いの掛け合いが面白く、楽しんで読んでいたが、途中から重くなり
笑えなくなった。

でも、最後に真樹さんが幸せそうにしていたのが救いだった。

・どうしても純文学という定義が分からない。純文学たる要素とは一体なんなのか


↑これに対して、メンバーの一人の考えは、ストーリーではなく人間心理に重点をおいた作品。
一回読んだだけでは終わらない普遍性を兼ね備えたものが純文学だと理解しているとのことです。

・読んでいるとどうしても徳永のイメージが又吉になってしまう。

・火花という題名が何を指し示しているのか知りたい。題名が先か、内容が先か?

・登場人物のくすぶった感情、焦燥感、理想の自分でいるためのプレッシャーなどが自分と重なり、
心が締め付けられるようだった。

等々。

批判も多い本著ですが、読書会でもなかなかの好印象でしたし、私自身も夢を目指していく
若者の不安と期待、焦り、挫折が入り混じる微妙で揺れ動く心をうまく描いているように
思います。

前評判が大きかったこともあるので、評価も分かれるところではありますし
審査員も相当悩んだことであろうと想像できます。

ともあれ、一度読んでみても決して損はしないように思います。


by なんちゃって読書人
posted by なんちゃって読書人 at 06:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『3足の同じ靴』遠音編

2015年08月22日

以前、1,000文字小説を書いてみよう!
というのが読書会メンバーの中で盛り上がって
2作品ばかりアップしたのですが、それから
急激に熱が冷め、しばらく忘れ去られていました(^_^;)

しかし、先日ふとしたことで、また1,000文字やって
みようよ!と再加熱。

ということで、久しぶりにこのカテゴリーで
記事アップしてみようと思います。

とりあえず、以前のお題『3足の同じ靴』でまだ
紹介していなかった作品があるのでそれから。

--------------------------------------------
『3足の同じ靴』 著:読書会メンバー 遠音(俳号)氏


「ただいまあぁぁぁ」

玄関から響き渡る妻の声の張りと伸びを感じて、
私は心の中で静かにファイティングポーズを取った。

来る。

居間に入ってくるなり、着替えもそこそこに妻の攻撃は始まった。
ゴングが私の脳内に鳴り響く。

「アナタ、ねぇ知ってた?おんなじ靴のままだとダメなんですってよ!
買い替えないといけないんですって。

でないとヒザにくるって話よ。

前にヒザが痛いとか言ってたわよね?それよ、原因は!底がね、」

妻の怒濤のラッシュに対して「知っている」だとか「もう解決済みだ」
という反撃はナンセンスである。

私は心の中で、両腕のガードをきゅっと固める。


「…だから、買い替えるべきですってよ!まぁ、アナタが走れようと
走れまいと私には関係ないですけどね、いずれ動けなくなられたら困るわぁ」

頃合いを見て私は、すっと立ち上がった。

「ねぇ、聞いてたの!?ヒザですってよ!ヒザ」

膝など、とっくの昔に回復している。あれは、まだ膝回りの筋肉が未熟
だったから起きた痛みだ。

私は黙って外の物置に向かい、段ボール箱をひとつ抱えて戻ってきた。

「何よ、その箱?」

問いかけには答えずに箱を下ろし、その中から私の大切なものを二つ
取り出して、箱の上にそっと並べた。

「あら?あら、あら?」

妻は、あらあらを連呼した挙げ句に、けたたましく笑い出した。

「まぁまぁまぁ!おんなじのをずっと買ってるのぉ、アナタ!?まぁぁ
よく飽きないこと!」

飽きるとか飽きないの問題ではない。足に合うかどうかが大事なのだ。

「それにしても、二足ともボロボロじゃないの!捨てちゃえば?」

…今のブローは、少々効いた。でも、痛みをこらえて私は反撃に出た。

「これは、私の努力の証だ」

めったにない私の反撃に、妻はふぅんと鼻で返事をし、

「まぁ、場所さえ取らなければいいけれどぉ?アナタは荷物が
元々少ないものねぇ」

勝手に納得し、うなずきながら、妻は着替えるために奥の部屋
へと向かった。


ふぅ、と私は息をついた。終了のゴングは鳴った。

留守番の役目から解放されたし、日が落ちてしまう前に一走り
行ってこよう。


ウェアに着替え、軽くストレッチとアップをしてから、私は玄関
の靴箱から三代目のシューズを取り出した。

多少履き慣れてきたシューズの紐を丁寧にたぐり、引きしめながら
、私の口の端からふと笑いがもれた。

あれでも、私の膝を心配してくれているのだ。

お礼を言ったらはり倒されるのは目に見えているので、私は言わない。

(999文字)









タグ:短編小説
posted by なんちゃって読書人 at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 1,000文字の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。